志田未来が電撃結婚!結婚相手は芸能人ではなく一般男性!気になる旦那の職業は?

女優の志田未来が、一般男性と結婚したことを発表した。
子役から現在まで第一線で活躍を続ける志田未来だが、そのお相手は一体誰なのか。
今回は志田未来の歴史と共に、結婚相手の職業まで取り上げていく。

志田未来のプロフィール

出典:http://www.ken-on.co.jp/mirai/

名前:志田 未来(しだ みらい)
生年月日:1993年5月10日
出身地:神奈川県
身長:150cm
血液型:AB型
職業:女優
活動期間:1999年-
所属事務所:研音

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/志田未来

冒頭でもお伝えした通り、志田未来は子役出身の女優である。
1999年(6歳のとき)に「セントラル子供劇団」に入団し、そこから「子役」としてのキャリアをスタートさせた。
そして2006年(13歳のとき)に大手芸能事務所「研音」に移籍。
研音といえば、数ある芸能事務所でも所属難易度がSクラスの大手芸能事務所だが、セントラル子供劇団に在籍していた際の「大活躍」がキッカケで移籍が実現した。
ちなみに、セントラル子供劇団から研音に移籍した同世代には、女優の「成海璃子」がいる。

志田未来の出演作

6歳から芸能活動を始めた志田未来は、どのような出演作があるのか。
当時話題となった作品を、ここで改めて紹介する。

これは、2005年に日本テレビで放送されたドラマ「女王の教室」に神田和美役として出演した志田未来。
当然ながらかなり幼い。

出典:https://www.youtube.com/

こちらは、研音に移籍してわずか半年後に放送された、日本テレビドラマ「14歳の母」である。
この作品が、志田未来の「連続ドラマ初主演」となる。

出典:http://www.ntv.co.jp/14/

上記2つのドラマは、社会的にもかなり話題になったドラマで、
「女王の教室」については当時のPTAがクレームを出して、CMが自粛される事態にもなり、
「14歳の母」は未成年の妊娠から出産を描いたヘビーなストーリーだったため、良い意味でも悪い意味でも大きな注目を集めた。
この作品以降、ドラマや映画を中心に多数の作品に出演している。

志田未来の結婚相手

いよいよ本題の「結婚相手」だが、志田未来は「古くからの友人で一般人」と報告している。
最近、芸能人が一般人と恋愛・結婚するケースが増えてきているが、一般人と言っても「元芸能人」であったり、「実業家」であったり、「名家の跡取り」であったりと、到底一般人には思えない地位や名誉を持っている。
しかし、志田未来の結婚相手は、上記のケースにどれもあてはまらない、正真正銘の一般人であり、

「小学校の時の同級生で、現在国内大手証券会社に勤務する男性」とのこと。

芸能人の結婚相手が小学校の同級生――――――

一番好感度が高いヤツだ!

小学校の同級生ということは、「女王の教室」時代には既に出会っていたことになる。
顔写真や氏名等は明らかになってはいないが、志田未来が選んだ相手とあれば、非常に魅力的な男性なのだろう。
そして志田未来は、見た目通り「純粋な女性」だった。

まとめ

いかがだっただろうか。
全く交際報道も出ることがなかった志田未来。
元々結婚願望は人一倍強く、25~26歳で結婚したいと熱望していたが、ほぼ宣言通りの結婚となった。
女優業は変わらず生涯続けたいと宣言した志田未来。
「14歳の母」から「25歳の妻」に成長した彼女を、今後も応援していきたい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。