週刊誌に芸能人のスキャンダルネタを提供(売り込み)したら報酬はいくら?

毎週のように芸能人のゴシップやスキャンダルで賑わいを見せる芸能界。
その多くは、「週刊文春」や「週刊新潮」「フライデー」など、大手週刊誌によって暴かれているのだが、これらの週刊誌は主に「情報提供」を頼りに調査をしている。
いわゆる「タレコミ」や「リーク」というものだ。
ライバルを落とし入れるためにリークをする者もいれば、お金のためにリークをする者もいる。
では、リークをした者(信憑性のあるネタを提供した者)は、一体いくらほどの報酬をもらっているのか。
今回は、週刊誌に芸能人のスキャンダルネタを提供した場合の「報酬額」について述べていく。

情報提供の手段

まず、リークをした者はどうやって情報を提供しているのかだが、記者と交流関係を持たない全くの一般人の場合は、直接「代表番号」に電話をしているか、WEBサイトのフォームから情報を提供している。
例えば、「文春砲」でお馴染みの「週刊文春」では、2014年から「文春リークス」というWEBサイトを立ち上げ、そこから情報提供を求めている。
そして「取材着手の可能性がある情報」を提供した方にのみ、連絡がいくシステムになっているのだ。
出版社側は、その送られてきた情報の裏取りをするために(事実関係を明らかにするために)莫大な時間とお金をかけなければならない。
一つのネタに対して複数名の取材チームが編成され、沖縄から北海道まで全国を飛び回る必要があるからだ。
しかし、時間とお金をかけて検証した結果、その情報が事実でなかったということも十分にあり得る。
週刊文春の場合、裏付けが出来なかったネタは掲載しないため、取材費用が水の泡になってしまう。
そのようなことを避けるために、取材に着手するネタは厳選されているのだ。

情報提供の謝礼

話題性があり、かつその情報の裏が取れた場合、週刊誌によっては報酬がもらえる。
正確には「報酬」より「謝礼」と言うべきか。
この謝礼は、対象となる芸能人の「イメージ」や「ランク」「話題性」で決まる。

知名度のある遊び人お笑い芸人の場合

例えば、「THE MANZAI 2013」の優勝者、ウーマンラッシュアワーの「村本大輔」を例に挙げる。
仮に、村本大輔が女性関係のスキャンダルを起こし、そのネタが「フライデー(FRIDAY)」に提供されたとしよう。
村本大輔の場合、その謝礼額はおおよそ「9,800円」と言われている。
あまりの安さに驚いた人も多いのではないだろうか。
実はこの金額にはちゃんとした理由がある。
ウーマンラッシュアワーの「村本大輔」は、普段から「ファンの女の子に手を出す」と公言しており、元々「遊び人」のイメージを持っている。
そのため、例えそのスキャンダルを記事にしても、イメージとのギャップがなく、意外性も低い。
よって、タレコミによるフライデーの謝礼は「9,800円」になるのだ。

知名度の低いお笑い芸人の場合

次に、知名度の低いお笑い芸人の場合だが、ここでは、学天即の「奥田修二」、ダイアンの「津田篤宏」を例に挙げて説明する。
この二人は、芸人としての歴は長いものの、「THE MANZAI」優勝者の村本大輔のような知名度はない。
その場合は一体どうなるのか。
結論から申し上げると、奥田修二が「2,000円」、津田篤宏は「2,500円」程度だ。
この理由は「東京の人は名前を聞いてもピンと来ないため、そもそも記事にならない」とのこと。
やはりネタの売り込みには「知名度」が必要不可欠である。

知名度の高い人気お笑い芸人の場合

続いて、知名度の高い人気お笑い芸人の場合を説明する。
仮に、ブラックマヨネーズの「吉田敬」と「小杉竜一」のスキャンダルをフライデーに提供したとしよう。
その場合、吉田敬のスキャンダルに対する謝礼は「5万円」、「小杉竜一」に対する謝礼は「7万円」程度だ。
村本大輔に比べれば、かなり高いように思えるが、それでも10万円以下の金額。
同じコンビでも2万円の差が出る理由は、「女性からの好感度が高いかどうかの違い」だそうだ。

まとめ

昔のように景気の良い時代は、100万円以上の謝礼が発生することもあったが、今では大物芸能人クラスでも50万円以下と言われている。
通常の特集記事であれば数万円程度だ。
もちろん週刊誌によって異なるが、相場はそれくらいと言っていいだろう。
ちなみに、週刊文春は「ネタを買わない」と公表している。
よく「こういうネタがあって、フライデーだったら10万円って言ってるんだけど」との電話がかかってくるそうだが、そのような人に対しては「ではフライデーに売ってください」と伝えているそうだ。
現に、前述した「文春リークス」というWEBサイトでも謝礼に対することは一切表記されていない。
そのため、お金目的で週刊誌にネタを提供するのはあまり得策とは言えない。
リークする相手を恨んでいるなら話は別だが、たった数万円のために相手の人生を壊すことになるのだから、慎重に動いた方がいいだろう。
後に「罪悪感」に押しつぶされ病んでしまうということもよくある話だ。
しかし、それでもスキャンダルが止まない芸能界。
次に情報を提供される芸能人は誰なのか。
それがもし「週刊文春」からなら、リーク者はその芸能人に対して、相当恨みを持っているのかもしれない――――。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。