樹木希林の孫であり本木雅弘の息子であるUTA(内田雅樂)とは何者なのか

2018年9月15日、日本を代表する名女優「樹木希林」が他界した。
樹木希林といえば「第31回 日本アカデミー賞」で「最優秀女優賞」を受賞した実力派女優で、年配ながらどこの芸能事務所にも所属せず「フリー」で活躍していた奇才だ。
その樹木希林の孫である「UTA(内田雅樂)」という人物をご存知だろうか。
今回はまだ謎が多い「UTA(内田雅樂)」について解説していく。

UTAのプロフィール

出典:https://i-d.vice.com/jp/

芸名:UTA
本名:内田 雅樂(うちだ うた)
生年月日:1997年10月1日
血液型:AB型
出身地:東京都
職業:モデル
身長:191㎝

2018年6月に、パリ・メンズコレクション(通称:パリコレ)でモデルデビューを果たしたUTA。
新人ながら「コムデギャルソン」のモデルを務め、スター街道への扉を開いた現役大学生だ。
実はこのUTAの家族構成がものすごい。

UTAの家族構成

まず、UTAの祖母は、冒頭でも述べた通り、アカデミー女優の「樹木希林」だ。
樹木希林の本名は「内田啓子」という。
樹木希林の旦那は、皆さんもご存知の通り、ロックンロールでお馴染みの「内田裕也」。
破天荒で有名で、あらゆる不祥事を起こしながらも復活しているお騒がせロック歌手である。


この二人の愛娘が、女優でエッセイストの「内田 也哉子(うちだ ややこ)」だ。


この内田也哉子が、元ジャニーズで日本アカデミー賞受賞俳優でもある「本木雅弘」を旦那(婿養子)にもらったのである。
そして今回の主役である「UTA」は、この二人の息子という訳だ。

UTAの祖母
芸名:樹木 希林(きき きりん)
本名:内田 啓子(うちだ けいこ)
生年月日:1943年1月15日
血液型:A型
出身地:東京都
職業:女優
身長:160㎝
主な受賞歴:第31回 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞 / 第36回 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞

UTAの祖父
芸名:内田 裕也(うちだ ゆうや)
本名:内田 雄也(うちだ ゆうや)
生年月日:1939年11月17日
血液型:B型
出身地:兵庫県
職業:歌手
身長:174㎝

UTAの母
芸名:内田 也哉子(うちだ ややこ)
本名:内田 也哉子(うちだ ややこ)
生年月日:1976年2月11日
血液型:B型
出身地:東京都
職業:女優・エッセイスト
主な受賞歴:第31回 日本アカデミー賞 新人賞

UTAの父
芸名:本木 雅弘(もとき まさひろ)
本名:内田 雅弘(うちだ まさひろ)※婿養子のため
生年月日:1965年12月21日
血液型:A型
出身地:埼玉県
職業:俳優
身長:174㎝
主な受賞歴:第16回 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞 / 第32回 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞

ちなみに、UTA(内田雅樂)は三人兄弟。
2つ下に妹の内田伽羅(うちだ きゃら)がおり、13個下に弟の内田玄兎(うちだ げんと)がいる。
妹の内田伽羅も「女優」として活躍する、まさに「芸能一家」なのだ。

UTAの生い立ち

この「芸能一家」の長男として誕生した「内田雅樂」だが、実は2018年のモデルデビュー以前に、一度芸能界デビューを果たしている。
内田雅樂がまだ3歳のころ、NHK大河ドラマ「葵~徳川三代~」に「子役」として出演していたのだ。
この大河ドラマには、祖母である樹木希林も出演していたため、既に「共演」を果たしていたことになる。

その後は「西町インターナショナル」という、関根麻里が通っていたことでも有名なインターナショナルスクールに通い、中学時代にはスイスの「ル・ロゼ学院」という名門に留学も経験した。
このル・ロゼ学院はスイスで最古の寄宿学校で、世界一授業料が高いことでも知られている超エリート学校だ。
その授業料は年間1,200万円以上。
さすが芸能一家のご子息である。
これほどの英才教育を受けていれば、語学が堪能で世界で活躍できるのも頷ける。
しかし、内田雅樂の凄いところはこれだけじゃない。
内田雅樂は、バスケットの腕前がプロ並みで、アメリカの「IMGアカデミー」からスカウトを受け留学した経験もある「アスリート」なのだ。
IMGアカデミーといえば、プロテニスプレイヤーの「錦織圭」も留学していたことで有名なスポーツ名門校。
東京ドーム50個分の敷地内に、テニスコート「55面」、野球場「7面」、天然芝サッカー場「16面」が完備されており、まさにアスリートの卵たちが通う一流学校と言えよう。

このIMGアカデミーを2016年に卒業した内田雅樂は、カリフォルニア州にある「ドミニカン大学」に進学することになる。
そして、現在もこの大学に通い、小学5年生から続けているバスケットに励みながら、モデルとしての活動も行なっているのだ。

UTAがモデルになった理由

父親の「本木雅弘」譲りの凛々しい顔立ちに、バスケット選手ならではの高身長により、度々モデルの誘いを受けていた内田雅樂。
自身も、スイスに留学していた中学時代からファッションに興味を持ち始めていたため、モデルへの憧れも大きかったという。
しかし、バスケットとの両立に悩むなか、祖母である樹木希林にこう言われたのだ。

ある種、服というのは内面を映す鏡。
同じ服を着てもみんな違って見える。
色々な服を着ることで、より自分を客観視できる。
それは生きていく上でも大切なこと。

この言葉が後押しになり、モデルとバスケットの両立を決めたという。

現在はパリのモデル事務所と契約している内田雅樂。
まだ日本のメディアに出る機会は少ないが、必ず日本でも大ブレイクする日がくるだろう。
きっと、天国にいる祖母も楽しみにしているに違いない――――――。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。